幼児 便秘

幼児の便秘解消法

食べ物の好みが意思表示として現れてくる幼児は、好き嫌いをすることで食事の内容が偏ってしまい、便秘になってしまうことがあります。

 

便秘ということが理解出来ないので、お腹が痛くてトイレに行って排便をするというリズムになってしまい、薬を飲ませようとしても苦かったりして飲まないし、とても厄介です。

 

この時期に便秘が癖になってしまうと、腸内環境も悪くなってしまうために常に便秘になってしまうようになり、ずっと苦労することになってしまいます。

 

幼児の便秘の解消法として、牛乳を飲ませるというのも良いですが、牛乳が嫌いだったりアレルギーがあったりすれば難しいですし、かといって薬を飲ませると、薬を飲まないと便が出ないような癖がついてしまい、腸が働きを鈍らせてしまうのでどんどん悪化していきます。

 

ですから、幼児の便秘の解消法はこうしたものではなく、出来るだけ自然に腸が働いてくれるようにしてあげることが大切です。

 

そのためには、オリゴ糖が良いです。

 

好き嫌いをしていて、思うように食物繊維などを食べてくれない場合には、カイテキオリゴという粉末をおかずに混ぜたり、スープに混ぜたりしてみてください。

 

カイテキオリゴはほのかな甘みがあるので、コーンスープや煮物、カレーなどに入れるとお子さまが好きな味になります。

 

もちろん、混ぜても味が変わってしまうようなことはありませんから、何気なく食べてくれて、しっかりと排便リズムを整えることが出来ます。

 

>>>オリゴ糖「カイテキオリゴ」の詳細はこちら

 

オリゴ糖 便秘解消


このページの先頭へ戻る