学童期 子供 便秘

便秘の主な症状

学童期の子供は便秘による症状を言葉で訴えることができます。

 

では、どんな訴えが便秘に気づくサインとなるのでしょうか。

 

 

便秘の主な症状としては、腹痛・嘔気・下腹部の張り・食欲不振があります。

 

また、便秘によって二次的に痔になることもあります。

 

腹痛や下腹部の張りは腸管の伸展による痛みです。

 

下腹部に限局する場合もありますが、おなかが全体的に痛いということも多いです。

 

排便せず腸の動きが鈍くなっていると食欲も低下します。

 

食欲低下により、さらに排出物が減少し便秘をきたすといった悪循環をきたさないように注意が必要です。

 

さらに、物理的な圧迫によって嘔気を示すこともあります。

 

 

学童期の便秘として長期的な治療が必要なものもあるため注意が必要です。

 

例えば、糖尿病(小児期発症の1型糖尿病)、尿崩症、中枢神経障害、電解質異常があげられます。

 

脳のホルモン調節の異常は他の発達に影響を及ぼす可能性もあります。

 

電解質異常では、原因が取り除かれずに悪化すれば意識が悪くなったり、心臓への負担を高めることにもつながります。

 

便秘に伴った他の症状を認めるようであれば、以上のような重篤な病気の可能性もありますので必ず病院を受診しましょう。

 

オリゴ糖「カイテキオリゴ」

便秘が続くと習慣化

便秘が急に起こった場合や、症状が強く持続する場合も病院を受診します。

 

器質的な閉塞があれば腸管の壊死をきたしかねません。

 

高齢者の腸閉塞のように、子供でも物理的に腸が閉塞することがあります。

 

物理的な閉塞による便秘は、血流も遮断してしまうため悪化すれば手術が必要となります。

 

 

軽い便秘が慢性的に続く場合は、自律神経を乱すストレスが過度にかかっていないかに気をつけ、食生活も改めて経過を見ていきましょう。

 

一度診察を受け、医師のアドバイスを貰うのが得策かもしれませんね。

 

 

また、最近の話題として小学生女児のダイエットによる便秘も増えています。

 

ダイエットにより食事量が減ることで便秘となります。

 

排便の刺激に対する反応は習慣化するものであり、便秘が続くと習慣となります。

 

小児期のダイエットや、好き嫌いが強いことによる偏食は生涯便秘になりやすい体となる可能性もあるため注意が必要です。

 

 

>>>オリゴ糖「カイテキオリゴ」の詳細はこちら

 

オリゴ糖 便秘解消

学童期の子供の便秘関連エントリー

便秘の概念
頑固な便秘に悩まされている女性の方、妊娠中の方、授乳中の方、赤ちゃん、幼児、子供さん、お年寄りの方、一度試してみてはいかがでしょうか?
学童期の子供の便秘の治療
頑固な便秘に悩まされている女性の方、妊娠中の方、授乳中の方、赤ちゃん、幼児、子供さん、お年寄りの方、一度試してみてはいかがでしょうか?
学童期の食生活の基本
頑固な便秘に悩まされている女性の方、妊娠中の方、授乳中の方、赤ちゃん、幼児、子供さん、お年寄りの方、一度試してみてはいかがでしょうか?

このページの先頭へ戻る