学童期 子供 便秘 治療

便秘の診断を受けた学童期の子供はどのような治療?

便秘の診断を受けた学童期の子供はどのような治療をするのでしょうか。

 

 

便秘と診断がつけば、外来で行う治療としては浣腸、家庭では食事指導と生活指導、服薬があります。

 

浣腸は病院でもやってくれますが、市販のものもあるので、親が練習しておくと便秘気味の時に症状悪化を防ぐことに繋がるかもしれません。

 

浣腸が癖にならないか心配される方も多いですが、一般に浣腸の回数がどんどん増えてしまったり、浣腸をしないと症状が悪化するなどといった依存はしないといわれています。

 

そのため、便秘のときは適宜使って排便リズムを正常化させることが大切です。

 

 

食事指導は、規則的でバランスの良い食事を心がけるよう指示されます。

 

生活指導としても、排便リズムの改善や環境の改善、運動不足解消などそれぞれの状況に応じた指導がされるでしょう。

 

たとえば、お受験のために椅子に座っている時間が長すぎませんか。

 

運動によって腸管の動きもよくなるため、外でよく遊んでよく食べるというサイクルを目指していきましょう。

 

オリゴ糖「カイテキオリゴ」

親の子供の変化の観察が、重要

薬としては、乳酸菌を配合した整腸剤、水分を多く含むことで便を柔らかくする下剤、腸を刺激する下剤、漢方薬などを処方されます。

 

大人が常に飲む便秘薬を小児に同じ基準で出すことはありませんが、習慣づく前に予防するのが大切であるため、はやめに治療すると良いでしょう。

 

 

食事やストレスによるただの便秘でないと判断されれば、他の治療を必要とする場合があります。

 

例えば、腸が捻転して排便が止まっていたり、先天的な腸の狭窄、ホルモンの以上等があります。

 

病院では、医師の判断でそのような病気を除外する為に、大きな病院を紹介してもらい腹部のレントゲン、CT、MRI等の精査をしてもらうこともあります。

 

その際は、必ず便秘の性質について多くの質問をされますのでよく子供を観察しておくことが診断の手助けともなります。

 

便秘がはじまった時期、便秘の期間、排便時の様子、便の性状、便に出血がないか、排尿に異常はないか、等の質問には答えられるとよいでしょう。

 

また、便秘以外の症状が診断の役にたつことも多いです。

 

近頃日中でも眠そうだとか、集中力散漫になった、水分を異常に欲する、転倒が頻回になった、など一緒にいるからことわかることが診断に行き着くきっかけとなることがあります。

 

親が子供の変化をよく観察していることがいかに重要かと思い知らされます。

 

 

適切な治療を早期に行うためにも、便秘の程度と頻度によってははやめに病院を受診し今後の治療方針を仰ぎましょう。

 

>>>オリゴ糖「カイテキオリゴ」の詳細はこちら

 

オリゴ糖 便秘解消

学童期の子供の便秘の治療関連エントリー

便秘の概念
頑固な便秘に悩まされている女性の方、妊娠中の方、授乳中の方、赤ちゃん、幼児、子供さん、お年寄りの方、一度試してみてはいかがでしょうか?
学童期の子供の便秘
頑固な便秘に悩まされている女性の方、妊娠中の方、授乳中の方、赤ちゃん、幼児、子供さん、お年寄りの方、一度試してみてはいかがでしょうか?
学童期の食生活の基本
頑固な便秘に悩まされている女性の方、妊娠中の方、授乳中の方、赤ちゃん、幼児、子供さん、お年寄りの方、一度試してみてはいかがでしょうか?

このページの先頭へ戻る