学童期 食生活

食生活の改善

便秘だけでなく、あらゆる体の不調には食生活の改善が効果的なことがあります。

 

特に、小児では好き嫌いの激しさ、親の多忙による世話の怠慢等が重なって食生活が乱れた家庭も多いと考えられます。

 

発達が顕著な乳幼児期にはつきっきりで世話をし、十分に気を配って作っていた食事も、徐々に子供が自立するにつれファストフードやスナック菓子等の摂取率が高くなってしまいませんか。

 

子供の正常な発達のためには、規則正しく栄養バランスのよい食事が必要不可欠です。

 

正しい知識を持ち、子供の栄養を考えながら毎日の献立を考えるように努力しましょう。

 

オリゴ糖「カイテキオリゴ」

 

バランスの良い食事とは

では、正しい食事・バランスの良い食事とはどのような食事をいうのでしょうか。

 

大人では体格や活動の度合いによって必要なカロリーや栄養の内容が決まってきます。

 

小児の場合はおおよその栄養所要量の基準が年齢ごとに設けられています。

 

総カロリーは例えば小学生低学年で1700〜1900カロリー程度。

 

そのうち、タンパク質は12-14%、脂質が25-30%(カロリーの比として)摂取するのが望ましいと言われています。

 

脂肪のうち、動物性・植物性由来の脂肪をバランス良くとることも大切です。

 

他、鉄やカルシウムなどの微量元素や各種ビタミンも十分摂取出来るよう、同じ食品を与え続けるのは控えましょう。

 

ファストフードやスナック菓子の摂取により、脂質・糖質の過多、食塩の過多をきたす危険が高いため、豊富なビタミン・食物繊維を含む野菜、植物性の蛋白・脂質を含む豆類等も活用した食事を心がけましょう.

 

カロリー計算の詳細は、インターネットで簡易計算のサイトがいくつもあるので調べてみると良いでしょう。

 

また、カロリーや栄養素の配分を計算できるアプリなども出ていますので利用してみましょう。

水分摂取も重要

また、栄養だけでなく水分摂取も重要です。

 

子供は水分は50-90ml/kgをとるようにしましょう。

 

脱水はさまざまな体の不調を来し、便秘の原因ともなります。

 

たとえ風邪で数日食事が取れていなくとも、最低限水分だけは摂取していれば重症化を防ぐことができます。

 

特に夏は身近に飲みものをおいておく習慣をつけ、こまめに水分をとる習慣をつけましょう。

 

>>>オリゴ糖「カイテキオリゴ」の詳細はこちら

 

オリゴ糖 便秘解消

学童期の食生活の基本関連エントリー

便秘の概念
頑固な便秘に悩まされている女性の方、妊娠中の方、授乳中の方、赤ちゃん、幼児、子供さん、お年寄りの方、一度試してみてはいかがでしょうか?
学童期の子供の便秘
頑固な便秘に悩まされている女性の方、妊娠中の方、授乳中の方、赤ちゃん、幼児、子供さん、お年寄りの方、一度試してみてはいかがでしょうか?
学童期の子供の便秘の治療
頑固な便秘に悩まされている女性の方、妊娠中の方、授乳中の方、赤ちゃん、幼児、子供さん、お年寄りの方、一度試してみてはいかがでしょうか?

このページの先頭へ戻る